\6年ぶりの社会復帰成功! ハイブリッド兼業主婦とは?/

後悔しないために、『今』を大切に。

どうも!りとやん(@ritoyan_oneplus)です!

相変わらず、いろいろ試行錯誤しながら更新中です。

私がブログにその時あったこと思ったこと

ありのまま綴ることになった

後悔しないために、『今』を大切に生きる考え方に変わった出来事

りとやん
りとやん
自分の人生の中での分岐点でもあった

大切な出来事を綴りたいと思います

スポンサーリンク

とにかく人の顔色を伺う子だった過去

私は末っ子だけど自立が早い子供だった

私は、年の離れた兄が居る末っ子です。

両親は自営業をしてたので小さい頃から自分の事は自分でするというのが当たり前。

保育園行ってる時には、もう自分で火を使ってご飯作ったりしてました。

兄にも言われましたが、『お前は自立が早かった』と。

なので子供の頃から親にあまり甘えれませんでした。

朝早くから夜遅くまで働いてる親に迷惑はかけたらダメだと

一人暮らしで大変な時も親には頼らず自分でやる。

長女出産時も周りに頼れる人が居ないので里帰り出産を希望。

出産の時にも同居の義姉に気を遣って産後2週間ほどで自宅に帰ったり・・・

とにかく子供の頃から周りに気を遣う子でした。

周りに迷惑掛けるなら自分がしんどい思いしたらいいやみたいな・・・

その癖はなかなか直らず・・・

そんなんだから、思ってることも正直に言えず自分にため込んでしまう・・・

そんな負のループを30何年もやってました。

 

スポンサーリンク

後悔ばかりの日々。

私を変えた2017年の夏

私の考え方が大きく変わったのは、

2017年の夏です。

ちょうど1年前あたりです。

何があったかというと・・・

父の死です。

父が亡くなって早1年経つのですが・・・

いまだに亡くなった実感がありません。

父は今の時代では若く65歳で亡くなりました。

病名は『肺がん』

見つかった時には、ステージ4

体力もかなり落ちており、治療がなにもできない状態でした。

父が亡くなって、父に私何も親孝行できなかった・・・

亡くなってからは後悔の日々でした。

 

スポンサーリンク

唄に出会って変わった私。

唄に出会って心が救われた

いつもなんだか心にぽっかり穴が開いて空を見上げると涙がこみ上げてくる日々。

姉妹が居るので毎日泣いてばかりも居られない。

今思えばいつも何かやることあってバタバタしてたから逆に良かったのかもしれない・・・

ある時、YouTubeで

清木場俊介さんの『今』を聴きました。

その唄を聴いて心が救われました。

すぐその曲が入ってるDVDを購入。

created by Rinker
¥250
(2019/08/22 01:18:59時点 Amazon調べ-詳細)

歌詞にあるように『前を向いて歩こう』

今下ばっかり見て落ち込んでても父は喜ばない。

頑張らなきゃ!そして、オットと考えてた両親を旅行に連れて行く!

父は連れて行ってあげれなかったので

母を絶対に連れて行ってあげたいと新たな目標ができました!

そして、人はいつ死ぬか分からない

周りの目ばかり気にするのは辞めよう!

自分の好きな事・やりたいことをやろう!自分に正直に生きよう!

明日やろうは馬鹿野郎!

こう思えたので、ブログにはその時思ったこと

ありのまま綴ることに決めました!

そして今に至ります。

皆さん、『今』を後悔しないでくださいね。

これは後悔した人間からのアドバイスです。

父親に感謝

自分の名前が大好き

最近ふと思うことがあります。

私の名前は、祖父と父から一文字ずつ取って父が名付けてくれたそうです。

父は傍にいないけど私の名前には父の名前がある。

不思議なんですが、何か父が後ろから

ちゃんとやってるかー?ってあたたかく見守ってくれてる感じがします。

両親に初めてプレゼントされた自分の名前。

古風ですが、自分の名前を言うと1度で覚えて貰えて

私は自分の名前が大好きで気に入ってます。

改めて父に感謝です。

お父さんありがとう!

自分を隠すことを辞めたら夫婦仲も良くなった!

オットにも気を遣ってた過去

とにかく私は人の顔色を伺う子。

それは大人になっても変わらずで、しんどいことは自分がやればいい・・・

これはオットに対してもそう・・・

子供達のことでしんどいことは働いてない私がやったらいい・・・

いろんな人に良く思われたい!

そう生きてました。

でも、もともとの性格で思ったことは言っちゃうタイプ。

何か我慢してるところがあったんですよね・・・

でもブログには比較的本音を書いてました。

すると、あなたのブログは愚痴ばかり・・・など言われる始末

ブログの中の世界でさえ私はいい子じゃないとダメなの?

そう思ってたところに父の死。

りとやん
りとやん
お父さんは、もっと生きたかっただろうな・・・

姉妹が大きくなる姿見たかっただろうな・・・

そう思ったら、後で後悔するなら今やろう!

そして、自分の意見は溜め込まず言おう。

それで離れていくならそれだけの関係だったんだ

そう切り替えることができたので

今のようにありのままに思ったことは言うようになりました。

以前から仲が悪かったわけではありませんが、

オットに本音を伝えるようになってからは

もっとお互いを尊重して大切にするようになりました。

 

今の人生をもっともっと楽しむために

人生でやりたいこと100を書いてみました!

【人生でやりたいことリスト100】書くと叶う?モチベーションアップにも書いてみませんか?

 

 

 

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
りとやん
りとやん
西日本の田舎在住の2013年と2016年産まれの姉妹のかあちゃんです。 2019年4月から次女が幼稚園入園を機に脱・専業主婦を目指して6年振りに社会復帰成功しました!

コメントを残す